押し花の飾り方


 

押し花作品を美しく保つようにかざりましょう

押し花が変色する主な原因が3つあります。

水分、酸素、紫外線の3つです。

 

花の水分 をしっかりとります

まず、花を乾燥マットをきちんと乾燥させ、押し花を美しく仕上げます。

また押し花は保管することができるのですが、その乾燥袋もこまめに良い乾燥状態を保ってあげます。

 

乾燥剤と脱酸素剤を一緒に封印します

押し花作品を長期間美しい状態に保つために、真空密封によりしっかりと空気を抜いてあげます。この際に乾燥剤と脱酸素剤も一緒に封印致します。

さらにレジンという超強力な接着剤で密封させます。

レジンは、劣化しない接着剤とも考えていただいて結構です。

 

紫外線

なるべく直射日光があたらない場所に飾ってあげてください。

写真でも絵画でもポスターでも、どうしても変色はいたします。それと同じ原因で真空密封しても長い時間の経過とともに徐々に変色するのは自然なことだと考えます。


こちらは1996年に制作しプレゼントした押し花額作品です。

すべて自然の色で作品に致しました。日が当たりにくい玄関に飾ってくださっており、20年経た現在でも美しい状態で保たれています。
色味の中では黄色、オレンジ、グリーンは退色しやすい色であり、アイビーの葉のグリーン、サンダーソニアのオレンジ色は淡い色に変わっておりますが、それ以外の色は飾り方さえ間違えなければ当教室で製作した押し花フレームはびっくりするくらい変色はいたしません。

 

 

 

 

スクリーンショット 2014-10-20 0.10.05