押し花の色について


 

押し花を作る過程で色が変わる植物はたくさんあります。

 

例えば赤紫色のお花はポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれていて、その影響で暗くなってしまうことが多いのです。

上の作品ですと、グロリオーサリリー、百合が暗くなってしまいますので、元の色に還元する技術を使い作品に仕上げました。

 

しかしお教室では「暗くなってしまった色が好きならそのまま使ってくださいね。」と言います。

押し花の作品は絵画と同じだと考えているからです。

写実的な絵画があれば、抽象的な絵画もあるように。

この例で申しますと、少しわかりにくいかもしれませんが、百合の作品に使われている黒色の蔓(ヘクソカズラ)はグリーンだったものが黒く変色したのです。

実はわざと変色するようにプレスするんですよ。

方法は事前処理でサンドペーパーをかけずに押します。

 

黒い色は全体の色調を引き締めてくれます。赤い色がより深みを増して艶やかになる効果を狙いました。

 

 

また、乾燥が上手く行かず、幾重にも重なった白い薔薇が茶色くなってしまった経験のある方も多いことでしょう。

白いまま作りたかった場合は反省の機会になります。

同時にクリーム~ベージュの薔薇が出来たと考えたって良いと思うのですね。

この生徒さんの作品もそうなのです。インパクトのある作品ができあがりました。

 

 

花の色

 

 

 

私はとても素敵な作品だと思います。

自由な発想で押し花を楽しみたいと考えています。